本文へスキップ

愛媛大学沿岸環境科学研究センター

研究設備INSTRUMENTS

  • CMESが所有する先端研究機器
   

環境動態解析部門

高性能計算機システム(HPCシステム)

大規模な数値シミュレーションを行うために、多数のCPUコアを搭載した並列計算機システムです。東シナ海、瀬戸内海を対象とした高解像度の3次元海洋物理・生態系・物質循環シミュレーション、難分解性有機汚染物質の動態シミュレーション、海上風のシミュレーションなどに利用されています。

   

環境動態解析部門

海底設置型超音波ドップラー式多層流向流速計(ADCP)

これまで魚など高次栄養段階の生態系の調査には、手間とコストのかかる魚網による観測が主体でした。最近、魚の生物量を定量的に観測できる計量魚群探知機システムが実用化され、これまで不可能だった高次生態系の広域高頻度観測が可能になり、魚の資源量調査や生態系モデルの校正用データの取得に大きな期待がもたれています。

   

環境動態解析部門

ガンマ線測定システム

様々な放射性核種の比放射能を測定することができる装置です。古環境学では、Pb-210の半減期に基づいて海底や湖沼で採取した堆積物の年代決定に用いられます。

 

環境動態解析部門

遠隔操作水中ロボットシステム
(ROVシステム)

一般的な光学カメラによる水中探査だけではなく、透明度の低い沿岸域に適応するために超音波による画像撮影装置(Blue View)を装備しています。
また、マニピュレータを用いて藻場での海藻採集などピンポイントでの試料採集が可能です。

   

化学汚染・毒性解析部門

GCxGC-TOF MS

二次元ガスクロマトグラフ―飛行時間型質量分析計

有機汚染物質の分析において、構造や物理化学性が類似していてクロマトグラフ分離が困難な物質を対象とし、特性の異なる2種類のカラムを同時に用いることでマトリクスと目的成分を高分離することが可能です。さらに構造未知の化合物について質量数やマススペクトルから組成や構造を推定し、未知の有機ハロゲン化合物の検索同定に力を発揮します。

   

化学汚染・毒性解析部門

LC-MS/MS

高速液体クロマトグラフータンデム質量分析計

環境汚染研究に対する社会的要請はますます多様化しており、多様な物理化学性を有する化学物質を同時かつ高感度に定量分析することが不可欠となっています。 lC-MS /MS は熱に対して不安定な物質や極性物質、高分子化合物 に対して高感度な分析を可能にします。

   

化学汚染・毒性解析部門

ICP-MS

ICP 質量分析計

約30種類の元繁の分析に利用されている元素測定の主力機器です。 ppt レベルの分析が可能で、かつ多元素同時分析に対応しています。 コリジョンセルを用いて分子イオン干渉を低減できるため、Fo 。 As。 So なども高感度で分析可能 です。 主に化学汚染・憲性解析部門で生物・環境試料の分析に使用されていますが、他部門・他大学との共同研究でも広く利用されています。

   

化学汚染・毒性解析部門

MALDI-TOF /TOF

マトリックス支援レーザー脱離イオン化ー飛行時間型質量分析計

未知のタンパク質を高感度かつ網羅的に同定するための装置です。 本装置を使うことにより、化学物質がタンパク質の発現プロファイルに及ぼす影響を評価することが可能となります。

 

化学汚染・毒性解析部門

SPR

表面プラスマモン共鳴測定装置

DNAやタンパク質などの生体分子間の反応・結合量の測定および速度論的解析がノンラベルかつリアルタイムにおこなう装置です。本装置を使うことにより、化学物質ータンパク質の結合や化学物質がタンパク質一タンパク質の相互作用に与える影響を測定することが可能になります。

   

生態系解析部門

LC-MS/MS

イオントラップ型多重質量分析計

海水中のタンパク質の由来や分解過程はナゾだらけです。この機器は海水中溶存態有機物に含まれる無数のタンパク質を網羅的に解析し、高分子タンパク質の起源とその運命を知るために使用します。海洋の物質循環システム解明に役立ちます。

   

生態系解析部門

元素分析計同位体比質量分析器(EA/IRMS)

GC / C/IRMS では炭素、窒索、酸素、水素の安定同位体比を分析しています。 生物の炭素・窒素安定同位体比から食物網構造を推定しており、瀬戸内海海域における植物プランクトンから魚類に至る食物網構造を解析し、生物の底生生産の依存度を評価しています。 水の酸索・水素安定同位体比により地下水や地中水の挙動の解明を行っています。

   

生態系解析部門

無菌培養室

無菌培養室は、気密性が高く、紫外線で空気中の雑菌が殺菌されています。 本室には、2 台のクリーンベンチが設置されており、主に魚類細胞や魚類病原体を無菌的に培養するために日常的に用いられています。 本設備を用いた近年の研究成果として、日韓で深刻な問題となっている“マポヤの軟化症" の原因鞭毛虫の純粋培養に成功したことが挙げられます。



バナースペース

愛媛大学

沿岸環境科学研究センター

〒790-8577
愛媛県松山市文京町2-5

研究支援部研究拠点事務課
TEL 089-927-8164
FAX 089-927-8167